**FU-RA**

〜メモ的なものとか雑記とか色々〜

   SSD用Win7x64セットアップメモ(自分用/追記あり)


※追記中

XP環境からいきなりSSD初使用でWin7インストールに挑戦してしまった訳ですが、ある程度Win7環境に慣れてからSSD導入に踏み切るのが一番賢い選択だと思いました・・・
Win7はSSDへの対応が多少整っているとはいえ、個別にやらなければならないSSD用環境設定が多すぎです・・・
かなり手間取りました。
何事もいっぺんにやろうとするのは大変だということですね 悲しい

現時点では余程変な(?)SSDを購入しない限りは、余り神経質になる必要は無いらしいです。(それでも最低限これだけは…ってのはありますが)
とりあえず安心感を得るため…の設定。

SSDへの負担軽減優先設定
未だ試行錯誤中なので、これが確定では無し。(追記・編集有)
※青文字がSSD用設定



  1. 接続したハード類の取り外し

  2. BIOS設定、BIOS上でRAIDを構築する
    RAID 0構築手順メモ

  3. OSインストール
    最新ドライバー(RAID等)のインストール
    SSD、HDDのボリューム削除&パーティション作成
    自動更新設定は一番下の「後でやる」を選択

  4. コントロールパネルの表示方法を小さいアイコンに変更
    コントールパネルの右上にある表示方法をカテゴリから小さいアイコンへ変更。

  5. UACの設定
    コントールパネル→ユーザーアカウント→「ユーザーアカウント制御設定の変更」でスライダーを一番下に移動。

  6. デスクトップアイコンを作成
    デスクトップを右クリック→個人設定→デスクトップアイコンの変更→作成するアイコンにチェックを入れ、OKをクリック。

  7. スタートメニューの設定
    タスクバーを右クリック→プロパティ→タスクバーと「スタート」メニューのプロパティ→「スタート」メニュー→カスタマイズ

  • システムの保護(復元ポイントの作成)を無効にする
    (Win7のシステムをよく理解するまで、環境設定が整うまではシステムの保護は有効にしておくほうがいいかもしれない。または、怪しいドライバーを入れる直前だけ有効にするとか。。)
    システムの保護設定解除方法は→
    コントロールパネル→システム→システムの保護→システムのプロパティ→システムの保護→保護設定→利用できるドライブの中から保護設定をするドライブをクリックし、構成をクリック→システム保護対象→設定の復元→システムの保護を無効にする→OK

  • 電源オプションで、スリープを無効にする
    デフォルトで有効になっており、無効にしないと時間がかかるインストール作業中やフォーマット中にスリープモードになってしまうので最優先。
    コントロールパネル→電源オプション→電源プランの作成

  • コンピューター→Cドライブのリネーム
    右クリック→プロパティ→全般の、「このドライブ上のファイルに対し、プロパティだけでなくコンテンツにもインデックスを付ける」のチェックを外す。

  • LANの接続。ホームネットワークの設定。

  • フォルダーオプションの設定
    隠しフォルダーの表示、「別のプロセスでフォルダーウィンドウを開く」にチェック

  • 自動ディスクデフラグのスケジュールのチェックをはずす
    スタートメニュー→すべてのプログラム→アクセサリ→システムツール→ディスクデフラグツール→ドライブを選択し、「スケジュールの構成」をクリック→ディスクデフラグツール:スケジュールの変更→「スケジュールに従って実行する」のチェックを外す

  • Windowsの自動更新を停止
    コントロールパネル→Windows Update→設定の変更

  • パフォーマンスの情報とツールで「このコンピュータの評価」をクリック

  • 「SuperFetch」を停止する
    コントロールパネル→管理ツール→サービス→「SuperFetch」をダブルクリック→プロパティ→全般→「スタートアップの種類」を無効にし、「サービスの状態」を停止する

  • プリフェッチの停止
    レジストリエディター起動(「ファイル名を指定して実行」から「REGEDIT」を入力)
    「HKEY_LOCAL_MACHINE¥SYSTEM¥CurrentControlSet¥Control
    ¥Session Manager¥Memory Management
    ¥PrefetchParameters」を選択し、EnablePrefetchParametersの値のデータを「0」にする。

  • 検索インデックスの停止
    コントロールパネル→管理ツール→サービス→「Windows Search」をダブルクリック→プロパティ→全般→「スタートアップの種類」を無効にし、「サービスの状態」を停止する

  • Windows更新プログラムのインストール
    重要なものを優先

  • チップセットユーティリティのインストール

  • Intel Matrix Strage Managerのインストール

  • DirectX最新版のインストール
    PCでゲームをやる場合はインストール必須

  • ビデオカードドライバーのインストール

  • その他のドライバーのインストール
    ロジクール製マウス、キーボード、ゲームパッドは製品が古くても、ロジクール公式から最新版ドライバーを落とせばWin7x64でも使用可。
    Win7x64用ドライバーはメーカー公式サイトより最新版をDLしてインストールすること。
    Wacomペンタブドライバー関連記事
    Xbox360コントローラードライバ関連記事
    Win7x64はドライバーやソフトの競合が顕著に現れるようなので、インストするものによっては不具合が出る場合も。

  • パフォーマンスの情報とツールで「このコンピュータの評価」をクリック(2回目)
    この評価でAeroが有効になる。
    ここで電源オプションの再設定も必要になる。

  • HDDのパーティション作成(OSインストール時に作成しなかった場合)
    「ファイル名を指定して実行」から「DISKMGMT.MSC」を入力し、「ディスクの管理」を起動。
    Dドライブ=データ
    Eドライブ=バックアップ
    ボリューム1=キャッシュ専用ドライブ
    ボリューム2=仮想メモリ専用ドライブ
    ボリューム3=テンポラリ専用ドライブ
    Eドライブ内に、cache、page、tempフォルダを作成し、専用ドライブから各々マウントさせる
    (XPモードを使用する場合、+1ドライブ必要?)

  • マイドキュメント、デスクトップ、マイピクチャ、マイミュージック、マイビデオ、お気に入りフォルダをデータドライブ内のフォルダに移動
    スタートメニュー→右上のユーザー名→各フォルダを右クリック→プロパティ→場所→「移動」をクリック

  • 仮想メモリのオフと、フォルダ移動
    コントロールパネル→システム→システムの詳細設定→プロパティ→詳細設定→「パフォーマンス」の「設定」をクリック→パフォーマンスオプション→詳細設定→「仮想メモリ」の「変更」をクリック→仮想メモリ→「すべてのドライブのページングファイルのサイズを自動的に管理する」のチェックを外す→仮想メモリを置くドライブを指定→「初期サイズ」と「最大サイズ」を同じ値にする
    移動先フォルダを作成→レジストリエディター起動((「ファイル名を指定して実行」から「REGEDIT」を入力)→
    HKEY_LOCAL_MACHINE¥SYSTEM¥CurrentControlSet¥Control
    ¥Session Manager¥Memory Managementの「PagingFiles」をダブルクリック→¥pagefile.sysの直前に作成済みのフォルダのパスを入力する

  • テンポラリーフォルダの移動
    移動先フォルダを作成→コントロールパネル→システム→システムの詳細設定→システムのプロパティ→詳細設定→環境変数
    TEMPとTMPの値を変更(4箇所に指定フォルダのパス名を入力)

  • IEのキャッシュフォルダ移動
    RAM DISKを使用する場合であっても、RAM DISKのバックアップを設定している場合は毎回ここにバックアップファイルが生成されるため、必ずキャッシュフォルダを移動すること。
    移動先フォルダ作成→コントロールパネル→インターネットオプション→プロパティ→全般→閲覧の履歴の「設定」をクリック→インターネット一時ファイルと履歴の設定→「フォルダーの移動」をクリック
    Firefox、Chromeのキャッシュ移動

  • メディアプレイヤーの一時ファイル保管場所移動
    ツール→オプション→デバイス→詳細→ファイル変換オプション

  • ライティング機能の一時ファイル作成領域フォルダを移動

  • Adobe Reader、Adobe Flash Playerのインストール

  • Javaのインストール
    32ビット版と64ビット版があるので注意。使用しているブラウザのバージョン情報を確認すること。Win7x64にはIEx84版とIEx64版の両方が標準で入っている。
    Javaコントロールパネル→基本→インターネット一時ファイルの設定→一時ファイルを保存する場所をCドライブ以外に設定する。

  • ソフトのインストール
    (ゲームプログラムや、容量のでかいプログラムを優先的にインストール)
    ・Office2003
    Excel、Wordの文書保存先移動。
    Outlookは使用しない。
    Win7x64対応フリーソフト

    非対応だったソフト
    ・ホームページビルダー
    ビルダーは最新版の14のみ対応。他バージョンは非対応。
    最新版を買ってしまうか、フリーソフトで間に合わせるか、バーチャルXPで立ち上げるか、サブPCにインスコして使うか、迷うところ。。
    ビルダー14の評判はいい。
    ・XP Utilities pro5
    有料版PCお掃除・最適化ソフト。フリーソフトで代用するしか・・・
    ・FEATHER
    アナログTV外付けチューナー。来年までしか使えない。バーチャルXPは動画コンテンツ不向きなので、サブPCにインストール。
    ・Skype
    非対応ではないが、Win7上では深刻な不具合がかなり多いようなので、しばらくは様子見。

    Win7x64はドライバーやソフトの競合が顕著に現れるようなので、インストするものによっては不具合が出る場合も。
    (上記Skypeの他、WacomペンタブドライバやIE8も例に漏れず、環境によって不具合が出る模様)

    Virtual PC (XP Mode)のセットアップメモ
    Win7x64環境でIE8ブラウザ使用の場合、閲覧できないWebページがあったりする。
    (特にログイン画面とか重要なページが・・・インターネットオプションやファイアウォールとは関係ない模様・・・(´ε`;)ウーン…)
    仮想XP上でのIE8ブラウザ使用の場合はしっかり閲覧できるので、Win7x64で使えないアプリを入れる他にも、XPモードはやはり超便利。

各種設定等覚え書
Virtual PC (XP Mode)のセットアップメモでの設定と一部重複
  • フォルダオプション→全般
    ポイントして選択し、シングルクリックで開く を選択
    フォルダーオプション→表示
    「すべてのファイルとフォルダを表示する」「縮小版をキャッシュしない」にチェック。
    「登録されている拡張子は表示しない」「保護されたオペレーティングシステムファイルを表示しない」のチェックを外す。
    適用、すべてのフォルダに適用をクリック。
  • タスクバーを右クリック→プロパティ
    スタートメニューのカスタマイズ→全般
    小さいアイコンにチェック
    プログラム表示はゼロにする
    スタートメニューのカスタマイズ→詳細設定
    システム管理ツールをすべてのプログラムメニューに表示する にチェック。
  • IEの設定
    初期起動時の設定は、「カスタム設定を選択する」、「セットアップ後、他の検索プロバイダーを選択できるWebページを表示する」、「いいえ、更新をダウンロードしません」、「セットアップ完了後、他のアクセラレータを選択できるWebページを表示する」、「SmartScreenフィルター機能を無効にする」、「はい、更新を使用します」
    初期設定後、アクセラレータを選択、設定する。(このときSnapCrab for IEの公式ページにアクセス、アプリをDLしておく)
  • インターネットオプション
    「SSL 2.0 を使用する」
    「ブラウザーを閉じたとき、Temporary Internet Files フォルダーを空にする」
    「履歴およびお気に入りの使用しないフォルダーを閉じる」
    「ダウンロードする画像のプレースホルダーを表示する」
    にチェックを入れる。
    「自動的にイメージのサイズを変更する」のチェックを外す。
  • マウスのプロパティ→ポインタ
    Windows スタンダード(特大のフォント)に設定
    マウスのプロパティ→ポインタオプション
    ポインタを自動的に規定のボタン上に移動する と Ctrlを押すとポインタの位置を表示する にチェック。


メインメモリを8GにしてRAMディクス容量を大きくしたい‥ 女
TEMP、CACHEファイルのRAMディスクへの割り当てのため。
また、仮想マシンを頻繁に使いたいなら、メインメモリ容量はいくらでも欲しいところ。

こうなると、電源やグラボももうちょいパワーアップしたくなってきます。Win7はVistaより軽量高速らしいですが、思う存分使いこなしたいならパーツのグレードアップを。。。(;゚Д゚)
(追記時点では結局既に電源もグラボもグレードアップしてたという。。。次はメモリだ。。。)

Win7の使用感
今まで使っていたソフトが使えないというデメリットはありますが、それを犠牲にしても導入して損はない。デスクトップのカスタマイズ性にも優れている点は、女性が使っても楽しいと思うグッド
XPを使い倒しているユーザーが購入するならWin7 pro x64以上のもの推奨。

そして何よりQuadコアの恩恵が丸々味わえる感じ。
常駐タスクによる影響がほとんど見られない
メモリ容量や他パーツが余程低スペックでなければ、Win7はお薦め。

追記時点では、上記でも書いた通り、Win7x64はドライバーやソフトの競合が顕著に現れる印象が強いので、インストするものによっては不具合が出る可能性が高いOS。
現時点で不具合が出る可能性が高いものはWacomペンタブ、Skype、IE8(IEはまぁどんどん劣化してるから今更というまでもないか)


comments(0)trackbacks(0)
Bookmark and Share Check web拍手


<<prev entry | main | next entry>>

Comments

Leave a comment










TrackBack URL

http://ka-na.pu-pu-pu.org/trackback/1095821

TrackBacks